カビ対策講習会




アメニティ・テクノロジーでは、カビの予防・対策に関する「カビ対策講習会」を開催いたします。
日本を代表するカビの研究者の方々にも講演いただきます。

 

カビが生えてからでは、もう遅い。カビが生えることを予測して予防する方法があります。カビは見た目の悪さだけではなく、健康へも多大な影響があり、生えてしまってからの処理にも莫大な費用がかかります。今回「カビの予報から予防対策までの考え方」を専門家に講演していただきます。

 

第1回「カビ予報から予防対策の考え方」(申し込み受け付け中)


日 時 2013年8月8日(木)13:30 ~ 17:30
会 場 ダヴィンチ新宿ビル6F (〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-17)
定 員 30名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象者 各種企業の室内環境管理者、室内環境研究者 他
会 費 8,000円
内 容 13:30~14:00 クリーンルームテクノロジーによるカビ予防
株式会社アメニティ・テクノロジー
代表 永安克志
・日本古来のカビ対策
14:00~15:30 カビ指数とは…
環境生物学研究所
所長 農学博士 阿部恵子
・カビ指数について
・実測カビ指数と予測カビ指数の比較
・質疑応答
>休 憩<
15:45~17:15 カビの話
NPO法人 カビ相談センター
理事長 獣医学博士 高鳥浩介
・カビって何
・何故カビは生えるのか
・抗菌・抗カビグッズは本当に効果あるか
・質疑応答
申込方法 住所、所属、氏名、連絡先(電話、FAX,Eメールアドレス)を
記載してFAX 03-5542-0394 または
Eメール k_baba@amenity-technology.com  宛てにお申し込み下さい。
振込先を連絡いたします。入金後、正式申込みとさせて頂きます。
連 絡 先 株式会社アメニティ・テクノロジー
営業企画部 (電話03-5542-0393) 担当 馬場
 

※阿部恵子博士 略歴;農学博士。専門は微生物細胞生理学。1985年、酵母菌の形態変化についての研究「日本農芸化学会研究奨励賞」を受賞。現在は環境生物学研究所所長。室内のカビ発生可能性が予測出来る「カビ指数」を開発し、環境制御によるカビ制御に取り組んでいる。※高鳥浩介博士 略歴;獣医学博士。NPO法人カビ相談センター理事長。東京農業大学、日本獣医生命科学大学にて客員教授として活躍。前国立医薬品食品衛生研究所衛生微生物部長。衣食住等、日常生活や健康に関する取組みの他、自治体や文化財に対するカビの問題に取り組んでいる。カビに関する著作多数。

会場地図:


大きな地図で見る

Top